2009年06月19日

温泉の定義

温泉の定義は2つあり、
1.源泉の温度が25度以上であること
  (源泉温度25度未満のものは、冷泉または鉱泉と呼ばれる)
2.指定された19種類の成分のうち1成分でも規定量以上を含んでいること

これは、温泉法(昭和23年制定)により定義されています。
posted by 栃木県 野門温泉 大野屋 at 11:40| 🌁| Comment(0) | 温泉豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

温泉の入り方

疲れを癒したり、ゆっくりくつろぐ為に温泉を利用する方が多いと思いますが、入り方を間違えると、脳梗塞や心筋梗塞の原因になったり、湯あたりを起こすなど、逆に体に負担がかかってしまうことがあります。

温泉の効果を最大限に利用する為にも、温泉の正しい入り方をおすすめします。


ひらめき入浴前
体の汚れを洗い流してから、かけ湯(かぶり湯)をする。
お湯の温度に体を慣らし、急激な血圧上昇が防げる為。

ひらめき入浴回数は1日2〜3回
1日5回以上になると湯あたりの発生率が増加します。

ひらめき早朝の入浴は避ける
心筋梗塞や脳梗塞の発症率は1日のうち早朝が最も多いことが報告されています。

ひらめき入浴後は水分補給
入浴中は汗などで体内の水分が失われます。
水や温泉水(飲用できる場合)等で充分に水分補給をしましょう。

ひらめきその他の注意事項
・食事の直後、空腹時に入浴しない
・飲酒後の入浴は絶対しない
ラベル:入浴 温泉
posted by 栃木県 野門温泉 大野屋 at 12:38| ☔| Comment(0) | 温泉豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。